べランディングとべランピングは違うの?

最近よく聞く「べランピング」
これは、ベランダとグランピングを合わせた造語です。

では、グランピングはというと、グラマラスとキャンプを合わせたこちらも造語になります。
べランピング=ベランダ+グラマラス+キャンプ。
すなわち魅力的でおしゃれなキャンプをベランダですることがべランピングになります。

一方、私たちが提唱しているのが「べランディング」
キャンプにこだわらず何だってベランダで楽しみましょう。
ベランディング=ベランダ+~ing。
ベランダで食事をするもよし、仕事をするもよし。
ベランダを洗濯物を干す場所とは考えず実用的でおしゃれな空間を演出できるときっと楽しい場所になるはずです。
あなただけの特別な~ingを想像してみませんか?

「ベランディング」何から始める?

たいていのベランダは掃除しやすいように床はコンクリートでできています。それではイマイチおしゃれな雰囲気は出ませんよね。ベランディングの準備はまず壁や床の今の状態を確認するところから始めてみましょう。

とりあえず、今ベランダにあるものはすべてお家の中へ移動させるか不要なものは処分します。意外と処分したくなるモノばかりかも⁈
床は雨風の影響で枯葉が舞い込んでいたりゴミや泥が溜まっていたりします。まずはそこからきれいにしていきます。
壁はどうですか?黒ずんでいたりヒビが入っていたりしませんか?家庭用の高圧洗浄機をお持ちでしたら使ってみましょう。見違えるほどきれいになるかもしれません。
今のベランダの状態を確認してから新しい空間づくりに取りかかりましょう。
(後日防水工事や錆止め塗装などのメンテナンスについてはお伝えします)

お手軽に雰囲気を変えるポイント3つ

①ウッドパネルを敷く
ウッドデッキとなるとちょっと敷居が高いですが、ウッドパネルなら女性にも挑戦しやすいと思います。
難しいのはサイズの計算ですよね…。これ買い過ぎぬよう足りないことがないよう頑張って!としか言えない(;’∀’)

②壁のイメチェン
壁はコンクリート製だったり落下防止柵になっていたりが多いと思います。そこに市販のラティスや木製フェンスを取り付けるだけでも雰囲気がガラリと変わります。ホームセンターでも褪せた色に塗装されているおしゃれなものも最近よく見かけます。
市販のラティスは結束バンドで固定するだけなのでこちらも簡単に設置することができます。

③小物で飾り付けてみましょう
床や壁がそれっぽい雰囲気になってきたらもう最終段階。
あなたがベランダでやってみたいこと。~ingを実現します。
例えばベランダで食事をしてみよう。
それならアウトドアで使っているイスやテーブルを出してみては?スペースがない?それならレジャーシートではなくちょっと大き目の布製のカバーをウッドタイルの上に敷いてクッションを2・3個置いてみてください。
そしてこじゃれたトレーにワンプレートに盛り付けた美味しそうなご飯を。
朝なら自然の光、夜ならランタンの明かりと一緒に。
これだけでもいつもと違う空間を楽しむことができます。

マンションのベランディングでの注意点

①マンションのベランダには、蹴破り戸・避難扉など様々な名称で呼ばれるパーテーションがあります。
これは非常時にマンションの2方向の非難を確保するための役割があります。(ベランダと玄関)
蹴破り戸に「非常のときはここを破って隣戸へ避難できます」などが書かれている場合は階下へ避難するための避難器具のある場所へ繋がっているので蹴破り戸の前にはモノを置いたり飾り付けたりは禁物です。蹴破り戸に何も書かれていなくてもそれは隣戸から避難してくる方がいるということですのでご注意を。また、避難ハッチがあるお家もその部分を塞ぐことはできません。

②近隣への心遣い
ベランダで料理をしたりするとき注意したいのが煙やニオイです。近隣の人たちの迷惑も考え作るものも考えましょう。少しお湯を沸かすくらいは良いですが、スモークなど煙やニオイの強いものはベランピングには不向きです。また、料理だけでなく声などの騒音も苦情の原因のひとつ。いくら楽しくても夜は静かに過ごしましょう。

まとめ

ベランダの役割を限定的にするのではなく可能性を持った第2のリビング空間であるということをぜひ想像してみてください。楽しい想像が浮かべば後は行動するのみですぐ叶えられるプチリフォームです。
上記にあったように高圧洗浄機がないとかウッドパネルを敷くのが面倒。自分のイメージはあるけどカタチにしにくい。
なんてお悩みがあれば当社へご相談ください。
DIYをお手伝いするオプションもご用意しております。もちろんすべて当社へお任せいただいても大丈夫!
イメージのご相談もお気軽にお問い合わせください。